スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
沢山の種類のハンプを扱っていらっしゃるリデさんの8号ハンプバイオウォッシュ。
厚手だけど柔らかさのあるユーズド風のハンプです。
カジュアルバッグといえばこのハンプが鉄板!風合いがよくて大のお気に入りです。
職業用ミシン(SPUR25DX)で新作カジュアルトートが縫えるかなと心配でしたがめでたく縫えました。
針16番、糸30番です。
hosoku9.jpg

気に入ると色違いで揃えたくなる性格なので大量生産してみました。
8号は11号に比べると重くなりますが丈夫で親子代々愛用できそうです。
秋冬を意識した色で作りましたが、時間が出来たらまた違う色でも作ってみたいです。
hosoku10.jpg

ただし、縫い代の重なり部分はかなり生地の厚みが増すので
ところどころ縫い代のカットが必要となります。
特にこの部分は注意です。

hosoku1.jpg

青まる部分、説明書⑧で当て布をステッチでたたきつける時。
2枚の底と正面布の縫い代を綾テープでくるんであるため縫い代の厚みがあります。
この部分の段差は手回しでクリア出来ます。くれぐれも手回しで。

赤まる部分、説明書⑤で持ち手の口布にかかる部分の上下端に押さえステッチをかける時。
ここは8号ハンプバイオウォッシュで基本の持ち手パターンを使用した持ち手では
下端のほうの生地の厚みが相当厚くなるのでどうやってもステッチがかけれません。

そこで、持ち手の裁断方法とステッチデザインを少しアレンジしてみました。
いやいや、アレンジとは程遠い簡単な方法です^^。
これから職業用ミシンでこの生地を使って作ってみようという方は参考までにご覧になってみてください。

長くなりますので続きへどうぞ。
>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
日々の出来事
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。